北大阪清掃(株)HOME

トピックス
個人情報保護指針
会社概要
会社概要
保有許可証・許可番号及び取扱い品目一覧
保有車輌及び処理機器一覧
会社沿革
業務風景
訓練・研修活動
ISO取得に基づく理念と方針
ゴミの流れ
一般廃棄物
産業廃棄物
機密文書処理出張裁断
その他の紙類リサイクル
サーマルリサイクルセンター
FAQ
北大阪清掃通信
料金表
御見積フォーム
企業リンク集
お問い合わせフォーム
ご意見箱
info@kitaosakaseiso.com
homeへ

リサイクル出来ない紙類もリサイクル

平成25年10月よりオフィスで発生する「紙ごみ」は市焼却工場への搬入が禁止され
資源化(リサイクル)が義務づけられます。

但し、下記に含まれるものは「資源化(リサイクル)できない紙類」とされ、従来どおり「ごみ」として
廃棄する必要があります。

資源化(リサイクル)できない紙類

その他の紙類(禁忌品含む)はビニール等が付着されていることが多く、遵法の観点からは廃プラスチック類の混合物としての取り扱いとなり、産業廃棄物として処理すべき物品です。
弊社では、その他の紙類(禁忌品含む)を産業廃棄物としてお引き取りし、石炭の代替燃料としてリサイクルいたします。
お客様とは産業廃棄物としての契約締結を行い、実務作業時にはマニフェスト伝票を発行いたします。
特に、適正処理やリサイクルを推進されておられます事業者様にお薦めいたします。

ダンボール・紙パック その他の紙 窓付き封筒・カーボン、ノンカーボン紙、感熱紙、圧着ハガキ等 写真、防水加工された紙、においのついか紙、油かすや食べ残りかすが付着した紙 捺染紙、感熱発泡紙、粘着剤が付着した紙等 捺染紙、感熱発泡紙、粘着剤が付着した紙等 ・合成紙 ・金、銀などの金属が箔押しされた紙

品目に関わらず汚れたものは搬入禁止の対象となりません

北大阪清掃の「資源化(リサイクル)できない」紙ごみのリサイクルの仕組み

排出事業所〜北大阪清掃(収集・運搬※)

北大阪清掃(資源リサイクルセンター)〜北大阪清掃(サーマルリサイクルセンター)でRPF(製紙工場の助熱剤・石炭の代替燃料)にリサイクル

※「資源化(リサイクル)できない」紙ごみは、産業廃棄物として収集・運搬し、マニフェストを発行いたします。

「資源化(リサイクル)出来ない」紙ごみ収集・運搬料金

1箱1000円 ※消費税別

1箱=W430mm×D360mm×H240mm(約20kg)
※10箱以上からのお取引とさせていただきます。



北大阪清掃株式会社
本社 :〒534-0013 大阪市都島区内代町2-7-38  
大阪事務所 :〒534-0013 大阪市都島区内代町1-8-1 TEL (06)6952-0355(代) / FAX (06)6954-3430(代)
摂津本社および資源リサイクルセンター :〒566-0033 摂津市学園町1-7-22 TEL (072)635-0671 / FAX (072)-638-6134
吹田営業所 :〒564-0031 吹田市南吹田 1-15-19 TEL (06)6319-0957 / FAX (06)-6382-1925
茨木駐車基地 :〒567-0846 茨木市玉島1-29-25 TEL (072)638-7055 / FAX (072)638-7075
サーマルリサイクルセンター :〒566-0061 摂津市鳥飼八町2-10-11 TEL (072)654-1003 / FAX (072)654-1004
摂津営業所 :〒566-0042 摂津市東別府2-1-8 TEL (06)6340-5005 / FAX (06)6340-5330
Copyright(C)2003 KITAOSAKASEISO CORPORATION